/*

 
 Gallery 芽楽 A室 


会期 展覧会 出展者 内容 
 
 
 
 
 2022.9.17(土)~10.2(日)
休廊日 火、水
柴田麻衣個展
Lost... 〜空に描かれたもの〜
柴田麻衣
平面
 
 
   
柴田麻衣作品    
........................................................................      
 ■展覧会及び作家について    
 
 柴田麻衣は名古屋芸術大学大学院修了後、毎年数多くの展覧会に作品を発表、そのスタイルを多様に変化させ、その過程の中で様々な技法、色彩感覚を習得する。
 2013年VOCA展奨励賞受賞前後より、旅や歴史への関心を深め、作品のモチーフは世界を視野に入れるようになる。世界各地の景観の中に、人々の営み、歴史、文化、宗教、政治、さらには民族間の争いなどをテーマに描いていく。近年は、民族、人種的差別、文化の消滅、自由への束縛、コロナ禍などに向き合いリサーチしイメージを連鎖させ、レイヤーを重ねながら雄大かつ意味深い画面を作っている
 今展では世界各地で見られる痛んだ地球の姿(異常気象、理不尽な争い、自然破壊etc.)に焦点を当てる。地球が生まれて46億年、幾多の変遷があり、水や空気、大地に太陽の恵みのある奇跡の星が生まれた。
 初期人類の祖先ルーシーの時代から400万年、四大文明発祥から5000年、産業革命から150年余、それ以降わずかな期間で人類の知恵の発展と共に我々の地球は痛み続けている。猛暑、大水害、大規模火災、撲滅危惧種の拡大、コロナ・・・。
 10年後、20年後、50年後、果たして地球の姿はどうなってしまうのか?今を生きる私たちの行動の如何に、その答えがある。(芽楽)

   
アーティストステイトメント    
 
永続するものなどないとして、しかし、絶えず失われていく世界の片鱗があることを、
私たちは傍観していてはいけない。
この先の時間を、この先に生きていく人々の現在を、
故意による不自然さで途絶えさせてしまうことなどあってはならないのだから…。

柴田麻衣


   
 作家略歴    

2019 「culture」ギャラリー芽楽・愛知'20,'21,"22
2018 「不透明なメディウムが透明になる時」電気文化会館・愛知
2017 「重層する風景」第一生命ギャラリー・東京
2015 「Mai Shibata Exhibition」Oギャラリーeyes・大阪
2013 VOCA展2013 奨励賞
2012 「 Nordic House Exhibition」 Nordic Houseフェロー諸島・デンマーク
2009 「 International visual artists workshop」Remisen academy in Brande・デンマーク
2010 「 Japanischer Blick: Künstler aus Japan」punp werk in Siegburug・ドイツ

   
 
 
◇作家在廊日
   9/17(土)・23(金)・25(日)・29(月)・10/2
   
 ......................................................................    
◇レセプション:9月17日(土) 15:00~16:00 アーティストトーク
(中止する場合は、芽楽HP/SNSでお知らせいたします。)
   


 
 Gallery 芽楽 B室    
 
 
 
会期 展覧会 出展者 内容
 
 
 
 
  2022.9.17(土)~10.2(日)
休廊日 火、水
はちす・田中雅子 人形展
ー語りかける人形たち ー
はちす
田中雅子
球体関節人形
 
 
   
小澤順一作品
........................................................................   
 展覧会及び作家について  
 
 偶然入ったギャラリーの人形展、興味も無かったので通り過ぎようとしたが、展示されていた人形たちの表情にぐいぐいと惹きつけられていった。
喜びでも、悲しみでも、可愛さでもない。いかなる環境にも耐えて、生き抜いていく強い表情だった。

はちすと田中雅子は母と子、12年前二人そろって京都の人形教室に行ったのが制作の始まりである。
以来一体一体個性の異なる人形を目指している。

人形は石塑粘土に和紙張りで制作しており(表現によっては布張りやアクリル塗装仕上げ)、髪には人毛や羊毛を、瞳には自作したグラスアイ、
衣装にも自ら染めた友禅の着物なども使い、和洋にこだわらず 無二の人形を生み出すため、あらゆる角度から検討し相応しい素材を選ぶ。

完成した人形たちは、目を合わせた瞬間、そっと見返してくれる。(芽楽)

 
  アーティストステイトメント  

 作りたいものを作り続けています。  はちす

 一体づつ個性の異なる人形を作りたい。  田中雅子



 
 作家略歴  

はちす 
2010年 粧順人形教室にて人形制作を始める。
2015年 第7回全国創作人形コンクール 「かまきり」入選
2016年 第3回チームコヤーラ創作人形公募展  「トライデント」奨励賞
2018年 第4回チームコヤーラ創作人形公募展「蛙になった王子様」奨励賞

田中雅子
2010年 粧順人形教室にて人形制作を始める。
2014年 パーリーシェルドールコンクールinみえ:「道化」津市教育委員会教育長賞 受賞      
2016年 人・形展の公募展 「空賊」ぼらん・どぉる賞 受賞            
2017年 第12回人・形展参加 「赤い靴」三上りあん賞 受賞
2018年 田中雅子人形教室開講

 
 ◇作家在廊日
   9/17(土)・18(日)・24(土)・25(日)・10/1(土)・2(日)
土 
 ......................................................................  
◇レセプション:9月17日(土) 15:00~16:00 アーティストトーク
(中止する場合は、芽楽HP/SNSでお知らせいたします。)
 
 
 
 
 
 
   
   
   
 
 
 
会期 展覧 出展者 内容
 

  
  ...................................................