□予定されている下記の企画展覧会は変更される場合がありますのでご了承ください

会期 展覧会 出展者 内容 場所

 
 ‘22.9.17(土)~10月2(日)休廊日 火、水  柴田麻衣 個展
Lost… 〜空に描かれたもの〜
柴田真衣   パネルにアクリル絵の具  A室
     
 
 Lost… #1 1940×2606mm パネルにアクリル絵の具 2022
   ............................................................... 

永続するものなどないとして、しかし、
絶えず失われていく世界の片鱗があることを、
私たちは傍観していてはいけない。
この先の時間を、この先に生きていく人々の現在を、
故意による不自然さで
途絶えさせてしまうことなどあってはならないのだから…。

柴田 麻衣
 
 
 ‘22.9.17(土)~10月2(日)休廊日 火、水 はちす・田中雅子 人形展
ー語りかける人形たち ー
はちす
田中雅子 
 球体関節人形  B室
     
 
はちす、田中雅子作品
 
 ‘22.10.15(土)~10月30(日)休廊日 火、水 作田優希展
ー 宿り場所ー
 作田優希  平面  A室

     
 
 作田優希咲く より良い人生を 750×550mm キャンバスに油彩 2022
    ............................................................... 
 
普段気に留めない記憶が、一歩足を踏み入れた瞬間
‘特別な記憶’として呼び起こされる場所がある。
かつて暮らしていた、少しだけすれ違った、または物語や音楽の聖地とされる場所。
土、水、空気、音、匂い、温もり……
その地を形作るもの全てに‘記憶は宿る’のかもしれない。
実像か虚像か、曖昧模糊とした景色を描き留めていく。

作田優希


 
 ‘22.10.15(土)~10月30(日)休廊日 火、水  永草陽平展
煌彩の器

永草陽平 
 陶芸  B室
    
 
 
永草陽平作品 
  ...............................................................  

今回は、結晶が光を乱反射して煌めく釉薬を使用して器を制作しました。
色彩は単調にならないように複数の酸化金属を組み合わせて少し深みのある色を目指しました。
実物を見ないときらきらと光を反射する釉薬は分かりにくいので、
ぜひ多くの方に手に取って見て頂けると嬉しいです。


永草陽平
 
 ‘22.11.12(土)~11月27(日)休廊日 火、水 MITOS展
ー描く呼吸ー 
MITOS  油彩  A室 
    
 
 
 MITOS作品
  ............................................................... 
 
呼吸を整え、心を静める
。描く動静は勘に依ると
ころが大きい。迷えば反
映される。筆致の山から
間が覗く。偶然性を引き
寄せる装置の発明。何を
描くかよりどう描くか。

MITOS

 
 ‘22.11.12(土)~11月27(日)休廊日 火、水 日置哲也陶展
-
ふれてふれる-  
日置哲也  陶芸   B室
     
 
日置哲也作品 
 ...............................................................  

 みて、ふれて、めでて、かんじる

日置哲也