過去の記事>2020年の記事


開催期間     展覧会名  作家名 
作品内容
 

    
‘20.1.26(土)~11.24(日)  堀池典隆
ーパリ・アジェと100年の隙間ー 
堀池典隆  写真

    
     
 会場風景 パリ セーヌ川、サンルイ島
■展覧会について   ■作家略歴 
 堀池典隆さんは名古屋芸術大学、日本写真専門学院名古屋校で写真技術を修得後、デザインやマスメディアの仕事に携わる傍ら写真撮影を続け数多くの個展、グループ展で発表してきました。ここ数年は度々フランスに赴き、歴史的な題材をテーマとしている。殊にパリや南欧の「ル・トロネ修道院」の静謐な作品は多くのファンを
魅了しています。
 今展は一昨年発表し好評を得た「パリ、アジェと100年の隙間」の続編となります。およそ100年前、移りゆくパリの街並みを数多く撮影した写真家、ウジェーヌ・アジェ。今年11月に再び彼の足跡をパリに訪ねて取材、パリ100年の文化の時空を新たな作品で辿ります。(芽楽)
 1955 静岡市生まれ
1977 日本写真専門学院名古屋校卒業(現・専門学校日本デザイナー芸術学院 名古屋校)
1978 名古屋芸術大学 美術学部卒業
1978~1982 カメラメーカーのギャラリーなどで個展、グループ展を開催
2011~ 作家活動を再開、グループ展多数参加(2015年~作家活動に専念)
2014 個展 「PARIS 2.5v-isite/パリフォト展」、個展 「パリの屋根の下で」
2016 「トリクローム/三人展」
2017 「トリクロスセッション/三人展」、個展「ル・トロネ修道院」、個展 「写真とフランス映画展」
2018 個展「パリ、アジェと100年の隙間」(ギャラリー芽楽、名古屋市),2020

    
 20.1.26(土)~11.24(日)  村井大介。陽子陶
ー 生のかたち-
村井大介
村井陽子
 陶芸
    
     
会場風景  村井大介作品                 村井陽子作品 
  ■展覧会につい  ■作家略歴
 令和最初の正月を飾るのは爽やかなお二人、村井大介さん、陽子さんです。
一昨年に続き、芽楽2度目の展覧会です。
大介さんはシンプルでシャープな器、
陽子さんは可愛い動物やアクセサリー、
どちらもお人柄を反映しています。
今展のテーマは「生」、
明るく、生き生きした年への願いを込めて作っていただきました。
是非ご高覧ください。(芽楽)
 村井大介
1979年 三重県松阪市生まれ
2004年 名古屋大学大学院博士課程前期終了(フランス文学専攻)
2012年 愛知県立瀬戸窯業高校セラミック陶芸専攻科修了。
 四日市萬古陶磁器コンペ2012 入選

村井陽子
1984年 愛知県名古屋市生まれ
2007年 愛知教育大学生涯教育課程造形文化コース陶芸専攻卒業
2011年 atelier juca(アトリエジュカ)としての活動をはじめる。
以降「 atelier juca展」、個々の個展、グループ展など多数開催」、
2018 ギャラリー芽楽で「日常と特別」展開催
現在瀬戸市にて制作

    
 ‘20.2.8(土)~2.16(日) 伊藤みのり・根本麟一郎展
ーふたりのまにまにー
伊藤みのり
根本麟一郎
 
平面、立体

    
会場風景  伊藤みのり作品 根本麟一郎作品
 ■展覧会について ■作家メッセージ
ギャラリー芽楽は発足以来、若い有望な作家の展覧会を開催しています。今展は、名古屋芸術大学アートクリエーターコースを昨年卒業し、現在大学院に学ぶ二人の作家を紹介いたします。フレッシュな感性をお楽しみください。(芽楽) 音楽や音を頼りにしながら、心の揺れや時間を表現する伊藤、
おもちゃやぬいぐるみを使い、醜さの中に美しさへの憧れをのぞかせる根本。
全くタイプの異なる作家二人展です。
全日、どちらかが在廊しておりますので、ぜひ足をお運びください。
伊藤みのり・根本麟一郎

‘20.2.8(土)~2.16(日) 星野優子グラスワーク展
ーS・E・E・D-
恵みの種
星野優子 ガラス

会場風景  シルバーチョーカー等
■作家メッセージ ■作家略歴
黒い種が芽をだした
小さな両手を一杯に広げてる
ー君は何になるの?
2月の風が問いかける
もうそこまで春が来ているよ
土の中の坊やたちも目を覚ませ
お日様が優しく光のブラシで撫でた
お元気ですか?
出会いを楽しみにお待ちしています。

星野優子
1976 愛知県立芸術大学美術学部卒業。
1977 造形研究活動の後、
1987 に工芸工房「萌」を開設。ガラス工芸に専念、トンボ玉の復元と研究に努め、各地でトンボ玉展を開く。以降各地のサロン、ギャラリーにて作品発表
1998 キリスト教信仰に入り、創作活動も新たな境地に入っている。
個展 各地にて多数開催

 ‘20.3.7(土)~3.22(日)休廊日 火、水 泉田之也陶展
ー薄陶の行方Ⅶ-
泉田之也  陶芸

会場風景 幾何形オブジェ   器
■展覧会について ■作家略歴
岩手県陸中野田村の陶芸家泉田之也の「薄陶の行方」シリーズの7回目の個展を開催します。野田村の土に拘り、独特の成形方法により生み出された作品は粗な土味で一見もろさを孕み緊張感を湛えています。
薄陶のオブジェは花を楽しむ花器ともなり、素朴な味わいの器は独特の食空間を生み出します。
 今展では新たに中国茶の器(茶盤、茶杯、片口、茶壺、茶合)を出展し、中国茶の新たな世界を提案いたします。
どうぞご高覧賜りますようお願いいたします。(芽楽)


■作家メッセージ
土のもつ生理的動きと耐性は、
どこまで私の欲求と意志を写し出せるか
身の丈において精一杯向き合いたい

   泉田之也
1966 岩手県陸前高田市生まれ
1992 小久慈焼窯元岳芳氏に師事
1995 のだ窯にて作陶を始める。日清めん鉢大賞展優秀賞
1998 穴窯での焼成を始める
2000 第38回朝日陶芸展グランプリ受賞
2002 第40回朝日陶芸展グランプリ受賞
2004 第22回朝日現代クラフト展招待出品
    個展、グループ展多数
1966 岩手県生まれ
1992 小久慈焼窯元岳芳氏に師事
1995 野田村にて独立
2000 第38回朝日陶芸展グランプリ受賞
2002 第40回朝日陶芸展グランプリ受賞
2004 第22回朝日クラフト展招待出品
    INAX世界のタイル博物館「泉田之也展」
2009  第20回日本陶芸展優秀作品賞受賞
個展  国内外で個展多数
    当ギャラリーでは、`08,`10,`12、'14,'16,'18 開催

 ‘20.3.7(土)~3.22(日)休廊日 火、水 杉村 徹 木工展
杉村徹 木工

会場風景 スツール、ボウル、壁の棚
■展覧会について ■作家略歴
選りすぐられた木の素材、

手に馴染んだたくさんの道具、

そして、独自の美感と造形力・・・、

杉村作品はそれらに裏付けされている。

美しさのみならず、強さを兼ね備え

使う喜びと心地よい空間を作ってくれる。

.................................................................

今展では、スツール、壁の棚、木の器、など出展いたします。
*テーブル、各種棚などご注文も承ります。(芽楽)
1956 兵庫県西宮市生まれ
1984 長野県松本技術専門学校木工科卒業
1984~92 長野県穂高町と愛知県半田市の家具メーケーに就職
1992 独立後 Knot wood works 設立
■個展
    全国各地で多数開催
    当ギャラリーでは2005,'07'09,'11'13,'15,'18に次いで8度目の開催

‘20.4.4(土)~4.19(日)休廊日 火、水 杉本充展
ースペースー 
杉本充 テンペラ

会場風景 space
■展覧会について ■作家略歴
自作の絵具と道具

色を重ね、削る

さらに重ねる さらに削る

少しづつ

深奥から見えてくる

美しいカタチ、色

宇宙から届く光を

捉えるような

杉本充の仕事

芽楽 
1948年  静岡県伊東市生まれ
1973年  壁画グループ展 (東京) 以降、1977年まで4回開催
1976年  現代日本美術展 (東京都美術館、京都市立美術館)
1985年  ホワン・ミロ ドローイング展(スペイン バルセロナ)
1994年  アルヒーフ・ギャラリー個展(ドイツ フリードベルク)
1997年  芝山国際野外アート展’97(千葉)
1999年  中日現代美術友好交流展(上海) 
2001年  ギャラリー芽楽個展(名古屋) 以降、12回目開催
2003年  名古屋コンテンポラリー・アートフェア(名古屋)
2007/13年 パラミタミュージアム 小ギャラリー 個展(三重県菰野町)
2012/13年 アート・ナゴヤ2012/13(名古屋)
当ギャラリーだは112目の個展です。 
 他にギャラリー・バウハウス、ギャラリー・ウエストベス、ギャラリー・
ないとう等で個展。名古屋キリスト教社会館、旧名古屋市立保育短期大学図書館、
日本福祉大学内などにモザイク、フレスコによる壁画制作。

‘20.4.4(土)~4.19(日)休廊日 火、水 Tetsuya Hioki Exhibition
「現象と、なにか。」 
日置哲也 陶芸

会場u右傾 ゴブレット 花入れ
■展覧会について ■作家略歴
陶芸家 日置哲也
土の探究家でもある。

砕く、加える、まぜる、焼く
土と火と手の協演

陶芸の可能性をさらに広げる。
未知の「美」を追求する

日置哲也「現象と、なにか」、
是非ご高覧ください。

芽楽
1976 岐阜県各務原市生まれ
2001 岐阜県立多治見工業高校専攻科卒業
2011 ギャラリー「なうふ」アートフェア
2012 MINO CERAMICS NOW 2012
2014 第10回国際陶磁器展美濃入選
   GARERIE hu Exhibition:8Artists of Mino
2016 個展「美しい」(ギャラリー芽楽/名古屋市)
2018 個展「ートキノマー 」(ギャラリー芽楽/名古屋市)